SES契約の定年について

企業に勤めているエンジニアは、ITの業界でも一般的な定年退職の時期まで雇ってもらえるのが通例です。
外資系の場合には有能さがないと早期にリストラされてしまう場合もありますが、概して60歳や65歳まで働ける環境が整備されています。
フリーランスをしているエンジニアの場合には、雇用されているわけではないので定年がありません。
人材サービスを利用すると、正社員の場合には一般的な定年退職の時期まで働くことができ、それ以外の場合には規定で定められた年齢まで働くことができます。

ただし、フリーランスをしているエンジニアや人材サービスを利用しているエンジニアの場合には、実質的な定年が早期に訪れることも少なくありません。
SES契約を結んで色々な職場で働く方法を選んでいる場合、現場で役に立つエンジニアだと認めてもらえなければ契約を勝ち取ることができないからです。
常にIT業界の最先端で利用されている技術を扱える能力を維持していれば晩年まで働くこともできるものの、通常は勉強が追いつかなくなってしまって早期に実質的な定年に追い込まれてしまいます。
有能さを維持できなかった場合には、早いケースでは30代でもう仕事がなくなってしまうことすらあるのが実情です。
SES契約では特に職場への順応力も同時に求められることから、エンジニアとしての有能さだけでは十分ではありません。
その点を理解して研鑽を積むように心がけると、実質的な定年を延ばしていくことが可能です。