不足を補う立場だからこそ豊富な活躍場面

企業にとってSES契約での人材の獲得は現場での不足を補う目的が多く、特に一時的に有能な人材を現場に追加することを目指しているのが一般的です。
短期的に見るとコストも削減しやすい方法になるため、長期的な雇用をするために正社員の採用をするほどではないけれど、いなければならないエンジニアを確保したいという場合に重宝されています。
不足を補うために現場に投入されることから、エンジニアは必然的に自分の能力を発揮できる機会が与えられます。
そのため、自分の得意分野で本領を発揮することができ、活躍できる場面が豊富にあります。
ただ与えられた仕事に従事しているだけでも、周囲から見ると誰にもできない仕事をしているように見られて活躍できます。
フリーランスや人材サービスの利用を企業が検討する場合には慎重になる場合が多く、本当に現場での不足を補えるエンジニアでなければ無駄にコストをかけてしまうことになりかねません。
そのためSES契約を結ぶ場合、業務内容についての情報を小出しにしてエンジニアの能力を吟味することが多くなっています。
フリーランスのエンジニアから確保する場合にはエージェントを利用することも多く、確実性を求めて現場に投入できるようにしているのが一般的です。

そのため、エンジニアとしてはエージェントや人材サービスにマッチングを行ってもらえば、やりがいを持って働ける仕事に携わることができます。